入学準備の費用はどれくらい用意すれば良いか

女の子

小学校の入学準備にはどのくらいの費用を用意すれば良いのか、迷っているお母さんも多いでしょう。

ランドセル、学習机、本棚など、大きな出費と言える物はこのあたりです。

入学準備のために、祖父母や親類からプレゼントされる場合もあるので、購入を決める前に聞けるなら予定を聞いておくと安心です。

もちろん、使うのは子供本人なので子供の希望もしっかり聞いておくことが大切です。

連絡をしっかり取り合って、無駄な買い物をしないように調整しましょう。

ほかにも入学準備には、学校指定の体育着や帽子、絵の具セットやメロディオンなど、まとまった金額が必要となるので、どれくらいかかるのか先輩お母さんに聞いてみるというのも良いでしょう。

小学校の入学準備にかかる費用どれくらい?

生まれてから、6年が過ぎ子供が小学校に入学するのは親としては本当にうれしいものです。

しかし、気になるのが、入学準備にかかる費用どれくらい?になるのかです。

そんなに、贅沢はしなくても一般的な入学準備はしてやりたいと誰もが思います。

そこで、実際の費用を考えてみます。

まず、学習机の購入することから考えると色々と価格に幅はありますが。

平均すると約8万円くらいです。

これに、ランドセルや文房具、洋服等で約10万円くらい必要です。

しかし、ランドセルや入学時の服は机と同様価格は色々とあります。

節約をすると、12万円くらいでもできます。

子供の新しい旅立ちです。

自分の家庭の家計に合わせたものを購入することです。

最新のランドセル情報はコチラ(ランドセル2016)から

入学準備に活躍する手作りキット

入学式にかかる費用としては、いろいろな小物や持ち物などたくさんのものがあります。

小学校の入学準備に必要なものはたくさんあり、学校指定のものもあれば自由なものもあります。

せっかくのお子さんの持ち物は、他のお友達と被らないようにオリジナルのものを持たせたいものです。

入学準備品をオリジナルで制作するなら、体操着袋、上履き入れ、運動靴入れ、体育館用靴入れ、給食袋やお弁当袋、図工用バッグなどがあります。

全てをお子さんのお気に入りのキャラクターや色で統一すると喜ばれるでしょう。

手芸用品店などで売っている生地や紐などを組み合わせて作るのも楽しいですが、初めての人には難しいものです。

手作りキットなら、生地や紐やボタンなどの付属品がセットになっていて、型紙や作り方も付いているのでとても便利です。

素材の選択ができない場合もありますが、慣れてきたらその型紙を利用して好きな生地を選んでバリエーションを増やしてみましょう。